スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春間近でも・・・

2010.02.28 23:43|gallery(bag)
雨は降ってもあったかい日が続いてます。


明日は3月だしぃ、もうすぐ「ひな祭り」だしぃ気分的に「春」!!


・・・なんてうかれるのにギリギリ間に合いました。

ファーでかバッグ
ファーのバッグがやっと完成です。
しかも「茶系」。 思いっきり「秋冬」のイメージのバッグです。

最大横巾 50cm  高さ 30cm。 マチ(底) 15cm。

ちょっと大っきいデカバッグです。

正直作るのに苦労しました。
イメージを形(型紙)にするのがスムーズにできなかった。
布と革の違いを改めて認識しました。
例えば、ギャザーが寄せにくいとか。

当初、ボディバッグのような斜めがけバッグのようなバッグにしようと思っていたけど、ちと違うと思い肩がけに変更。
ファーでかバッグ持ち手

ファーでかバッグ上
↑上ファスナーです。内布は水玉。

作りながら考え、考えながら変更して作ったもんでミスってるところ多いです。
反省の固まりのようなバッグになってしまいました。
同時に完成できて「ほっ」としました。

もうそこまで春はやって来ているので、これから毎日このバッグを使うつもりです。

そして、次作るバッグは春らしいバッグにします。
ほぼ構想固まってます。
スポンサーサイト

トイカメラ

2010.02.21 22:58|gallery(雑貨/etc)
数年前から気軽に・・・アートに・・・そして、遊び感覚いっぱいの写真を撮るため「トイカメラ」が出回っています。
感度(?)の高い雑貨屋さんとかで売ってます。


あるブログから見つけてしまいました。
ぜ~~~~~~ったいほしいと思い購入!!

DSCN3011.jpg
「LOMOのトイカメラのキーチェーン」です。
実物の20%の大きさです。
フィルムケース大の缶に入ってます。

カメラにつけたり携帯電話ストラップにしたり色々つけたくなりますが、ペンダントにしました。
DSCN3012.jpg

最初は革ひもにつけていたけど鎖の方がいいような気がして使わないペンダントの鎖につけてみると・・・やっぱりかわいい

このキーチェーン全部で4種類あります。
すべて揃えたくなるけど、ぐっと我慢して3個だけ(も)購入しました。
並べているだけでかわいいっス

DSCN3013.jpg


春節

2010.02.17 23:34|ひとりごと(探訪)
先日14日の日曜日正式に初詣に行ってきました。

十日戎を兼ねてちょこっとは行ったもの、ちゃんと(?)参拝したくて行ったのは大阪の「住吉大社」です。
随分前に行った記憶もあるのですが、確かな記憶も残っていなくて・・・。

DSCN3006.jpg
↑住吉大社といえばこの橋を思い出します。


初詣はいつも実家の近くの神社に行きます。
でも今年は積雪のため中止にしました。
そのため母に「交通安全のお守り」を買ってあげられなかったので、どこかで買わなければと気になっていました。

14日は「バレンタインデー」。
そして奇しくも中国の旧正月である「春節」でもありました。
全くの偶然ですが、ちょっと愉快でもあります。


DSCN3008.jpg
↑写真には写ってませんが、レンズをのぞくと真ん中より左側、縦に光の線が出ていました。カメラがおかしいのかと思い少しずらすと見えなくなり、その場所に限ったようです。



おみくじは「小吉」。
ちっちゃくても「吉」です。


2010年 無事に過ごせることを祈ります。


初めてのマンガ展

大阪サントリーミュージアムで開催中の 「井上雄彦 最後のマンガ展」に行ってきました。

DSCN3002.jpg

知っている人は知っている漫画家です。
「スラムダンク」や「バカボンド」を描いている漫画家。

私は・・・と言えば、他の人に勧められない限りほとんどマンガを見ません。
だから、タイトルくらいは知っていても、漫画家の名前や画風なんて知らないこと多々です。

なのに行ったか・・・

昨年NHKで放送の「プロフェッショナル 仕事の流儀」を見てすんごく興味をもってしまったんです。(必然か再放送だった)
まず、筆で描いていること。筆で描かれていることによって髪の先まで魂が入っている(生きてる)ような感じを受けました。
この絵(マンガ)を見てみたい。衝動です。
それと井上雄彦氏の真剣な眼に惹かれて・・・。

展示会場は、マンガ読者と思われる若い男子(とその彼女)が多かったです。

DSCN3001_20100213204127.jpg
↑チケット売り場の横には約5メートルくらいの高さの絵があります。これは写真OKなのでパチリ!!

土日の入場は時間で、平日は日にち単位で入場制限してます。
マンガだけど精密さ、迫力があるので「墨絵」のようにも見えます。

来月14日まで開催です。
マンガ好きでない方にもお勧めです。

DSCN3003.jpg

絵本作家

ハンス・フィッシャーの世界展」に行ってきました。

DSCN2997.jpg


名前なんて知らなかったけど、開催告知のポスターのイラストを見て絶対行こ~と決めてました。

ハンス・フィッシャーさんは昨年で生誕100年を迎えました。
と言っても50年程前に他界されています。(早く亡くなられたようです)

 
 こねこのぴっち」「たんじょうび」「ブレーメンのおんがくたい」「長ぐつをはいたねこ」など、楽しい絵本で子どもたちに愛されている絵本作家ハンス・フィッシャー(1909―1958)。

 スイスのベルンで生まれ美術学校で装飾画・版画を学んだ後、パリに渡り働きながら絵を学びました。帰国後、ショーウィンドウの飾り付け、舞台美術、新聞のカットなどいろいろな仕事をしましたが、もともと体があまり丈夫でなかったため過労で倒れてしまいます。療養を兼ねて家族と共に郊外に引っ越し、釣りをしたり植物のスケッチをしたり、子どもと遊ぶなど静かな生活を送るなか、長女ウルスラのために描いた「ブレーメンのおんがくたい」で絵本が自分の芸術を表現するのに最適なものだと感じました。その後、長男カスパールには「いたずらもの」を、末女アンナ・バーバラに「たんじょうび」と「こねこのぴっち」を作りました。子どもたちのために作られた絵本は父親の心情がこもった楽しい愛らしい作品で、豊かな表現力・踊るようなリズミカルな線が特徴です。
(パンフレット案内より転記)

なんかぁ~子供のために絵本を描くなんて、ハンスさんの人柄が感じられます。
そんなお父さんを持った三人の子供は、きっと絶対・・・しあわせだったと思います。

線画にかる~く色をつけるという画風で、とてもかわいいイラストなんですが思ったより作品数が少なくてちょっと物足りなさを感じました。

ただ、関連イベントがあり行った日は「アコビオ」というバイオリン、チェロ、キーボード、トランペットの大阪中心に活動されているユニットのライブがありました。
「ブレーメンのおんがくたい」にちなんでのライブのようです。
6曲くらいかな!? 
30分ほどの演奏だったけど、それを見れたので満足です。
正直それを見るつもりで行く日を決めてましたが・・・。


兵庫県伊丹市立美術館で3月7日(日)まで開催しています。
絵本のイラストのためか小さい子供が多かったです。
絵本を無心で読んでた(見てた)あの頃に、ちょっと戻れるかも・・・。

2月の目標

2010.02.06 23:46|ひとりごと
今年は年始めに今年の目標をたてなかったので、とりあえず毎月かシーズンを目安に目標をたてることにしました。(これが今年の決意!!)

で、先月は腰痛を経験してたので目標もなんもないままに過ぎ去ってしまいました・・・・・。
そして今月、ホントは今は「冬眠中」なんですが、家にいると固まったままで何もできないので、まめにスポーツ・ジムに行く事にしました。
勿論カラダを引き締めるのも目的です。
体重を減らすことより、寝ていても代謝のいいカラダ(筋肉をつける)になりたい!!
これが本来の目標であり願望です。

昨夜から腹筋の練習をしてます。
ちょっと前まで簡単にできていたような記憶があるのに苦戦してます。
だから今練習中。

これも目標。


カラダを動かしていると「冬眠」もふっとんでくれるんじゃないかと願って祈って

福はウチ

2010.02.03 23:16|ひとりごと
豆まき用の炒った大豆をいただきました。
子供以来かも節分マメ食べるの。(買うことないもん)

鬼のことはともかく・・・「福」は来てほしい。

寒いのもつらいので「春」も来てほしい。



そして、明日は「立春」です。


| 2010.02 |
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
カレンダー

01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

最新の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

プロフィール

nichi*nichi

Author:nichi*nichi
造形学科陶芸コース卒業。
自分のペースでモノ作り(主にバッグ)する毎日。
大阪在住。

リンク♪

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

どんなちっちゃな感想でもいいです。 気軽にメールください。

名前:
メール:
件名:
本文:

translate this blog into

ブログ内検索

RSSフィード

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。