スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時代小説

2010.05.12 23:50|ひとりごと(本)
時代もんの小説は、まず読む事ありません。

本表紙

↑この本は父から勧められ読みました。
と言ってもおもしろいから!とか、この作家(柴田錬三郎)が好きだとかそんな理由ではありません。

父は運動不足と落ちていく筋肉と体力保持のため、市運営のストレッチクラブに通っています。(無理しない程度に)
そこで知り合ったのが、この小説の表紙を描いている人です。
何年か前まで東京でイラストレーター(挿絵師)として活躍されてたようです。
「こんなん描いてましたわ~」と、父に本を渡し父は読み終えると返したようですが、「ど~ぞ」ということでいただいたようです。

そんなおっさんと知り合ったと本を私に渡しながら話してくれました。

・・・そんなこんなで時代小説を読んだわけです。

この方をネットで調べてみると・・・有名な賞をいくつか取られているようです。
小説の表紙描くなんてやっぱりすごいです。

度胸時代 (集英社文庫)度胸時代 (集英社文庫)
(1978/02/20)
柴田 錬三郎

商品詳細を見る

↑こっちは違う人のイラストです。

※Yahooブックスで売られてます。

スポンサーサイト

思い出せない

2009.11.10 22:00|ひとりごと(本)
「ノルウェイの森」・・・村上春樹氏の作品です。

多分20年~20数年前に出版されたと思うけど、以前友達から本を借りて読んだ記憶があります。

   「この本を読んで自殺した人がいるらしい」

友達がそんなこと言ってた印象が強くって。


今回、松山ケンイチ主演で映画化されると聞いて、もう一度読んでみようと思いました。
でもなぜかどんなストーリーか全然思い出せない。
ホントに読んだのかさえ記憶が定かでなくって。

今回、人から本を借り読みました。
「ワタナベ君」は、松山ケンイチでいいけど、「直子」が菊地凛子なのはど~なんだ~!?
キャスティングを考えながら。
やたら人が繊細で自殺する人が多いという印象ですが、話に引き込まれ私にしては早いペースで読みました。
読み終え、この本について誰かと語りたい気分になりました。

今頃映画化になったのはど~してなんだろう~??
来春の映画完成だそうな・・・。

ノルウェイの森 上 (講談社文庫)ノルウェイの森 上 (講談社文庫)
(2004/09/15)
村上 春樹

商品詳細を見る
ノルウェイの森 下 (講談社文庫)ノルウェイの森 下 (講談社文庫)
(2004/09/15)
村上 春樹

商品詳細を見る

12月にちにちの日

2008.12.21 23:38|ひとりごと(本)
今日は冬至です。
一年で夜が一番長い日。
明日から少しづつ昼が長くなるのに、だんだん寒くなっていく。

なんとなく今年の手帳を見返ししてみた。
4月なんて随分前に思えるのに、手帳のできごとは数週間前のように思えることも多々ありです。


先日読み終えた本、「リピート」
リピート (文春文庫)リピート (文春文庫)
(2007/11)
乾 くるみ

商品詳細を見る


現在の記憶を持ったまま10ヶ月前に戻るという十人の男女の話。
途中から(意外な)話に引き込まれ一気に読んでしまいました。

手帳を見ながら・・・今の私が今年の2月(10ヶ月前)に戻ったらど~するんだろう!?と、考えてしまった。
今の自分がそう悪い状態でもないので、きっと同じことするんだろうな~

10ヶ月後の自分がまたそう言えるよう「今」を楽しみ過ごせるようにしようと思った冬至の私でした。

イニシエーション・ラブ

2008.11.19 22:02|ひとりごと(本)
イニシエーション・ラブ (文春文庫 い 66-1)イニシエーション・ラブ (文春文庫 い 66-1)
(2007/04)
乾 くるみ

商品詳細を見る


映画(DVD)でも本でも、タイトルよりパッケージ(ジャケット)のデザインが記憶に残るタイプです。
だから、タイトルよりも映画の内容よりも「こんな表紙の~」とか「ジャケットこんな~」とかで人に説明する事、多々あり。

この文庫本の表紙も印象的でした。

「評判通りの仰天作。必ず二回読みたくなる・・・」という帯のコピーと1年間で増刷の回数が多いことに惹かれて読みました。
なんてぇ~ことのない若者の恋愛話です。
・・・そ~思って読んでました。それはそれで懐かしい感覚もありイッキに読み終えたけど、どこに仰天が???という疑問からネットで調べてみて始めて仰天作の意味もわかりました。
よく考えてある作品です。おもしろいです。
所々疑問に思ってたことも解決したし、この作家「乾くるみ」が男性だと知り解決できたこともありました。

帯のコピー通り私はもう一度読んでみようと思ってます。
今読んでる、この作家の別の本が読み終えたら。(って、この作家にはまりかけ!?)

THE SECRET(シークレット)

2007.12.15 20:20|ひとりごと(本)
ザシークレットザ・シークレット
(2007/10/29)
ロンダ・バーン

商品詳細を見る

一度本屋さんで立ち読みしたんですが、友達に借りてちゃんと読んでみました。
「シークレット」「秘密」ですよ~

本屋さんでも平積みされてるし、増版されてるから読んだ人も多いはず。
願えば叶う的内容の本です。
自分が思ってる事は、いい事も悪い事も「引き寄せる」らしい。
だから、悪い事を思ったり言ったりしてはいけない!
願いを叶えたい時は「お願い」して「信じる」。
そして、「受け入れる」と簡単な法則らしい。

結局「」が大切って書いてあるよう私は受け取りました。
自分を許す事も他人を許す事も、そして、すべての事に感謝する事も。
まあ~いい人には、その人に合ったいい事が「引き寄せ」られるんでしょうね!?
興味のある人は読まれた方がいいかも。

友達に返す前にもう一度読んで、頭いや心に叩き込んでみます

ガラクタ

2007.11.06 18:00|ひとりごと(本)
大阪午前中に地震ありました。
「阪神大震災」以降、ちょっとした地震にもビビってしまう。

昨日「使ってないパソコンを捨てなければ・・・」と、スイッチ入れられたきっかけ本
「ガラクタ捨てれば自分が見えるー風水整理術入門」
読み終えました。
書かれているのは、俗にゆう「西に黄色」だとか「ベットの向きはこっち」とか言う風水もんではありません。

平たく言えば、いらないもの「ガラクタ」を溜め込むとエネルギーが滞る....という事が書かれてます。
それが、「もの」だけではなく、「思い出」や「人間関係」も・・・らしい。

あ~~~~いらないものでスペース使ってるな~

本の内容に納得してせっせと捨ててます。
捨ててしまえば、それほどそのものに執着なかった事に気づきました。
スペースができ気持ちいいくらいです
それでもまだまだ「ガラクタ」あるな~

当然捨てる時は、感謝とお礼言いましたよ。
「今までありがと~」と

ガラクタ捨てれば自分が見える―風水整理術入門 (小学館文庫) ガラクタ捨てれば自分が見える―風水整理術入門 (小学館文庫)
田村 明子、カレン・キングストン 他 (2002/04)
小学館

この商品の詳細を見る

文庫フェア

2007.10.12 21:50|ひとりごと(本)
どちらかと言えば本好きです。ちゅうーか活字好きかも
ちょっと前まではマーケティングに関してか自己啓発に関する本ばかり読んでた。
即、今の自分に具体的に響く「言葉」がほしかったから。
でも、ここ数日は小説読んでます。
ある意味何かを楽しみたいという感じでしょうか~

今日も本屋さんに立ち寄ってしまいました。
Books Kioskでは先日より「文庫フェア」のよう。
その「文庫フェア」の本を買うと、消せるラインマーカーがもらえる。
いや、そんなの知らなかったというか気づかなかったんだけど
レジで6色の中からマーカーを選んで下さい・・・と言う事で
イエロー」を直感的に選びました。DSCN1472.jpg

「色占い」だったらどんな答えがでるのかな~  今の私の心境は!!
本を読むと小説の中へどっぷりと入ります。
はいりやすい「タチ」ですね~  ある意味幸せもんです。

今日の午前中の雲。
層が厚く見えます。その上層は明るい世界・・・みたい。
DSCN1466.jpg

運命 VS 意志力

2007.09.02 21:14|ひとりごと(本)
あるところから知った一冊。
「夜にそびえる不安の塔」

スピリチュアルな世界へ名を伏せ取材する作者。
霊界、占い、予言・・・作者の身近におこる様々な事とのからみ。

すごく引き込まれ一気に読みました。
目に見えないスピリチュアルな世界はあると思ってます。
「あなたは○○○なりますよ~」って、実際見える人もいるでしょう。
でも、自分の人生自分で作れるとも思ってます。(そ~したいです)

この本の中に「直感の強い人は他人の潜在意識とつながれてる回路を持ってる。
これは訓練で手に入らないもの。(中略)
直感を使わずに生きてる人は、人生の流れが変わりづらい」との事。
人生が変わるのがいいのか!?という事ではなく
無理と思われる人との繋がり、
例えば「(可能性がない)あの人と仕事したい!!」というよ~なことが
自分の意志でそ~なる。
すなわち人生の流れを変えるとは(意志が働く)そーいう事だと解釈しました。
直感は大切ですね。

なんか・・・うまく言い表わせないけど
心のある部分が浄化(カタルシス)されたような気がします。
興味のある人読んでみて下さい。

夜にそびえる不安の塔 夜にそびえる不安の塔
井形 慶子 (2006/09/22)
講談社

この商品の詳細を見る

宮沢賢治・・・

2007.05.21 23:15|ひとりごと(本)
大阪今日は、とてもいいお天気でした。
気持ちいいです。
一年の中で、一番好きな季節です。

先日から暇になれば「宮沢賢治詩集」を読んでいます。
この人が、何故か気になって・・・
題名は知ってるけど、話の内容は知らない作品ばかりです。
そして「雨ニモマケズ」もちゃんと読みたくて・・・

だけど、なかなか心に響きません
やっぱ、私は詩心がないのか、理解できないのか・・・
なんて思っていたら
私がたまに見にいくブログで、同じような事書かれてるではないですか~!!!

びっくり!!

で、そのブログの人は以前は全然頭に入ってこなかった詩が
最近読み直すと理解できたそうな~
それを読んでちょっと安心!!
ひと通り読んで、冷却期間後再度読みなおすことにします。

さてさて、ボストンバッグの注文いただきました
その前に、ランチバッグ仕上げねば・・・
| 2017.11 |
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

プロフィール

nichi*nichi

Author:nichi*nichi
造形学科陶芸コース卒業。
自分のペースでモノ作り(主にバッグ)する毎日。
大阪在住。

リンク♪

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

どんなちっちゃな感想でもいいです。 気軽にメールください。

名前:
メール:
件名:
本文:

translate this blog into

ブログ内検索

RSSフィード

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。